あきらめて続きをエントリー

あけましておめでとうございます。(×

一年以上も放置していた。なぜなら昨年末よりワードプレス化をすべく
別ディレクトリにコツコツと引越の準備をし続けてきたため。
というのは口実半分、実際忙しかったってのはあるけど、
全コンテンツの半分も移動していないので、ちょっと見通しくらくなってきたので、
一旦あきらめて続きをエントリーすることとした。

ここ最近はラジコンも陸海空に手を出すこととなり、
そちらのことを書きたいのは山々なれど、とりあえずごく最近いじった件としては

Xiaomi redmi 3 Pro(http://bit.ly/2cE3mrR

を紹介したい。
そもそもここにスマホの事を書くのは初めてなんじゃあないか。
PDA時代は買う度に手元ギアについての書き物を書き繕ってたものだが、
社会人化が進むにつれてそういった時間が激減した、もしくは物忘れが激しくなった、
ってのが原因か。
それでもWindowsCE機、具体的にはwillcomWindows機には
まだ書くことが山ほどあった。あれが2010年くらいか。
まだ世の中に「スマホ」って単語はなかったと思う。
というかスマホってカテゴライズはどうなんだ?
他者と会話するときにつっかえないという理由で俺もそう呼び習わしているけど。
WindowsCE機でもPHSがついててつなぎほーだい(今みたいに月制限とかなかった。)だった。
夢のような待ち時間だった。

決定的に変化があったと感じたのはem-one今は無きe-mobileのフラッグシップマシン。
そもそも3Gが珍しい、通信でmbpsが出せて、しかもつなぎほーだいなんて嘘だろ?
をみんな実現してしまった。
2007年はそういう意味で衝撃の年だった。OSはWindowsMobileだったけど。

時系列がごっちゃになってるな、とおもったけど、間違いなくEM・ONEのが先だ。
つまりスマホ、って概念がなかったので、
高速通信はそれ用端末。willcomというかスマホの「ホ」は電話の延長と割り切っていた節がある。
てかわりと今もその調子で続いている。

全然本編に入らないままどんだけ振り返っているんだ。
わりとブログに書きたいくだらんことって沢山あるものよ、と思いつつ、
今後のタスク?だけしれっと書いて一旦〆よう。

・Xiaomi redmi 3 Proの概要
・遊びたかったこと
・ROM焼き、注意点

なんか3行になってしまった。もしかしたら余談が長くなるかも知れないw

FUTABA送信機のトランスファーを軽く調査

所有しているFUTABAの10Jの機体データが15/30を越えてきたので、
潰れたら大事だと思い、予備を調達。
そのついでにデータトランスファーについて軽く調べた(検証含む)。
トランスファーの方法については説明書にあるので割愛。

●トランスファーの内容
名前からミキシングから、「ほぼ」全てのデータの移行が可能。
基本的には移行元のデータ>移行先を上書き、という感じ。

S-FHSSについてはバインドし直す必要がある。
T-FHSSについてはIDごと引っ張ったのですわ完全移行?とおもいきや
受信機のランプは赤のまま…再バインドが必要なようで。

一見すると無意味な記事に見えるが、
T-FHSSユーザーはわりと悩むとおもったのでポスト。
バインドプラグ刺さなくて良い分、若干分があると思っていますT-FHSS。

RC EYE One Xtremeちょこっと追記と注意喚起

当ブログの分析をすると検索語句1位はもちろんRC EYE One Xtreme
となるので、一応その後の話とちょみっと注意喚起

・飛行性能について
FUTABAのプロポ使用一択ですが、上々。
前のレビューでも書いたが上空での不安定さが抜けないので、
後述事故ついでにプロペラ径でかくしたので、それでもっかい試してみる。

・オプション品
いろいろ出ている。

●RC Logger HD2 Cam(純正カメラ)
実は所持しているものの、飛行させて試してはいない。解像度は1280x720。
カメラマウントに両面テープで貼り付けよ、になっているのだが、
貼り付けよ、にすっごい抵抗がある。
カメラ単体のテストはなかなか良い性能だった。
あのサイズ重量のキーレスカメラでチルト可能なものってほぼないしな。

●Xtreme カメラ台座
●Xtreme ランディング ロングレッグ(79mm)
まあここまで書いたらあれなんですが、すでに公式では取り扱い終了の
アップグレードカメラセットでエアリアル脚も購入した。
脚そのものは従来のものと大差ないのではないだろうか。
台座はそれなりに硬い。というか平たい板あればいらねんじゃね?
アップグレードカメラセットそのものはとてもお値打ちなセット。
というかお値打ちすぎてすぐ取り扱い終了した疑惑。

●大容量LiPoバッテリー(1150mAh)
一発目に購入したオプション。従来品より飛行時間2分のびると思ってもらっていい。

●Xtreme 大径プロペラセット (150mm)
後述する事故のために予備プロペラにしようとおもったが、
せっかくだから200円足して大口径にしてみた。
屋外未挑戦だが室内でも安定性向上に貢献している気がする。

●RC EYE OneStation(純正充電器)
ハイテック公式だと10,000円もする、なぜだ。
もっているけど、まだ試しておらず。
鰐口クリップがオプションで売っているが、
EyeONEユーザーが安定化電源もっているとは到底思えない…。
12V 3.5AのACアダプタで動作するので、類似品で調査してみる。
(T-REX150用のACアダプタがぴったりなんだよな…)

その他、カメラ系をいろいろ試しているが、
ペイロードより上空飛行を安定させるのが課題な気がする。

・事故
プロペラが本当にゆるむ。正確にはプロペラを止めるスクリューが超ゆるむ。
3回毎、できれば毎回飛行前にプロペラの締めを確認すべし。
買った時点で緩んでいたのを確認したので増し締めしたが、
全然緩んでた。おそるべし。ネジロックも視野にいれるが、
補修のこと考えるとどうもなあ。

FORZA450 EX 作成記-後日談

誤って削除したので再うp…
既に組み上げてから2台ほど更に組んでいるのに
FORZAの記事が上がりきっていないのが心残りすぎたので、
追加でもう少しだけ書く。
大いなる間違い…BおよびAサーボのホーンを逆に付けていることを、
くみ上げてから気がつく。
Bはまだ付け直しできたので良かったが、
Aがどうしようもなかったのでやむを得ず逆向きからタッピングするという
荒技で事なきを得る。

記載漏れ?…是非記載しておいて欲しかったのだが、
バインド前にリアボディ取り付けてはダメ。
FUTABA慣れしてるとプラグ無しでバインドできると勘違いするので、
ここは注記が欲しかった。
というか知らずにくみ上げてバインドの段階で泣いた。
やむを得ず一旦組んだのをバラバラにしてバインド、
ついでにリンゲージ調整もここで行ってしまった。
あとから考えたらバインドプラグ位置をショートさせるだけなんだから
針金とかでも代用できた気がせんでもないが、
どのみち要調整だったし丁度良い資材の持ち合わせがなかったのでどうでもよかった。

メカの搭載の項目はもうちっと拾い上げてもよかったんじゃあないだろうか。
ラジコンヘリのマニュアルは総じて不親切なパターンが多いが、
書かずに致命的なことが起きるのは解せない。昨今便利になってきたツールが多いので尚更。
前時代的な常識は書かないとユーザーにしわ寄せが来る。

標準マニュアルにパラメータはすべて記載されていたものの、
パラメータ入力前にサーボのテストしたらラダーがグダグダだった、
当たり前っちゃ当たり前だが
これも記載があればな、の部分。

で、飛ばしてみたら飛ぶのだけども
わりとパワーが大きくておでれえた。
あとハンチングが出ているのでいずれなんとかせねば…

とりあえず一旦FORZAおしまひ。

※さらに追記
テールに微細なハンチングが入っていてどうにもならんかったので、
やむを得ずGTUNEのUSBケーブルを購入。PCにてTAGSMiniのセットアップを行い、
テールのゲインだけ下げたところ、あっさり治った。
というわけで高いけどUSBケーブルは必須なんじゃあないかと思う。
形状は普通のMiniUSBの形だが、ピンアサインが違うので、
純正ケーブルじゃないと動作しないので注意が必要だ。

FORZA450 EX 作成記-3

本当は一気に最終話まで仕上げるつもりだったが、
思ったよりテキストが多かったゆえ、わけました…
STEP3見返したら大幅に時間くってるが途中でメシの準備とか
入浴とかしていたためだと思いたい。

他、調整とかツッコミとかまだもう半分くらい書き切れてないが、
手順は一旦ここで終わりとし、後日談でもう一個書こう。
STEP5-1 3:35 テールスライドリングの取付け
メイン部分にスクリューをとっつける、とかはいいんです。
くぼみ部分にテールスライドピンという鳩目パーツをつける、とあるんだが、
どやって固定するの、悩みながら作業
結局タッピングビスでしたというオチ。

forza_12.jpg

STEP5-2 3:40 テールローターAssy'yの取付け
ところでAss'yってなんて読むのでしょう…?
気がついたら向きを変えずにネジ止めしているので
わりと部品が崩壊してたりする、神経使う。

STEP5-3 3:45 テールローターブレードの取付け
羽根つけるだけです。
ここまでやってテールメカ完成、一番わかりやすかったかも。

forza_13.jpg

STEP5-4 4:00 水平・垂直尾翼の取付け
と、書いてあるけどリアボデェーを装着することが決定しているので
水平尾翼は取り付けない。
パイプにゴムを通し、テールのメカをパイプにくっつける。
ゴム通す方法については触れられてない、いや大事だと思うんですけど、常識?

forza_14.jpg

STEP5-5 4:10 テールコントロールロッドの取付け
ロッドガイドを等間隔で取り付ける。長さをしっかりノギスで測ります。

STEP5-6 4:45 テールユニットの取付け
いよいよメインフレームとテールを合体。ヘリ度超うp…なのだが、
通したベルトをメインギアのプーリーに引っかける、というのが
マニュアルでさらっと一行で書いてあるものの、大変難しい。常識?
引っかけたら引っかけたで、
今度はベルトのテンションを合わせながらテールユニットを垂直にさせていく…バランスがむずい。

forza_15.jpg

STEP5-7 4:50 テールコントロールロッドのリンゲージ
本ちゃんのリンゲージ合わせはあとで行う予定だったので、
軽くリンゲージ合わせ、むしろサーボの水平だしがきちんと出来ているか不安。
説明によると出荷時に済んでいる…とのことなんだけども。
(だがやはり疑うべきだったと、あとで後悔することとなる。)

forza_16.jpg

5-8はリアボデェーを取り付けるときは不要な手順なので割愛

STEP6-1 4:55 モーターの組み立て
組むだけ、ピニオンが力仕事じゃなかったのは意外というかネジ止めなんだ。
というかこれが遊星ギア付きピニオンか。高級感あふれやがるぜ。

forza_17.jpg

STEP6-2 5:05 モーターの取付け
メインフレームに前手順で組み立てたモーターを付ける。
バックラッシュが心配だが、まあ大幅にずれるこたないだろう。
コピー用紙を挟んでギアが回れば良い、と思ってください。

forza_18.jpg

STEP6-3 5:55 メカ類の取付け
唐突に複数の手順が1項目にまとまる。ページ数の都合か?
マニュアルでこういうことやってほしくねえんですけどw
とりあえずメカといわれているものを全て取り付ける。
手順通り進めるとバッテリ固定用マジックテープ
アンプ、ジャイロ、リモートアンテナの順で取り付ける。
アンプの裏表、位置に超悩む、飛ばすまでわからんが、多分大丈夫だろという位置…
熱が籠もったらまずいと思いつつ、どうすりゃいいんだよ、とみんな悩むはずだ。
悩んだら放熱位置を下に。
ジャイロとアンテナ別か。3GXみたいにまとまってると勝手に思ってた…。

STEP6-4 8:30 リヤボディーの取付け
リアボデーとボディの取付ねじの穴合わせ難しすぎ修正されるねwwwww
というかマジでこれ変な位置に穴あいちまうんじゃね?ってくらい
ギリギリの力を込めてフロント側にリアを持ってこないとねじ穴が決まらない。
覚悟を持って作業すべし。本当に。

forza_19.jpg

STEP6-5 8:35 フロントボディーの取付け
リアボディーの苦労に比べれば児戯に等しい。

STEP6-6 8:45 カーボンローターブレードの取付け
最後にローターブレードを取り付けて終了。ひとまずお疲れ様でした。
見た目はできあがりですな…
(このあとも長いのでした…)

forza_20.jpg

管理する人

image
Synitiro
すでに17年もダラダラ続けていたらしい

New Entries

Comment

Categories

Archives(207)

Link

Search

Login

Free

Counter

443110